2013年11月15日

秋の夜長だし…『イエスの遺伝子』

15年程前のベストセラー。
ディズニーで映画化決定!と帯に書かれてるんですけどね〜

読んでみたくて当時購入したものの
何度読み始めても途中で飽きてしまってた状態で
でも、捨てられません読むまでは。
ってことで、久々に手に取った。
飽きるどころかかなりスピーディに読み終わった。
私が大人になったから?

前回読んだ『天使と悪魔』と何と無く似通った内容だったのは偶然なのかなんなのか。
でも、出版が先だったのは『イエスの遺伝子』の方。


ジャンルじゃない読書習慣が始まったのは『永遠のゼロ』からで
次いで『天使と悪魔』
途中で映画『風たちぬ』を観賞。
何となく共通しているのは
最先端科学と
歴史…戦争とか宗教とか…の折り合い。
『イエスの遺伝子』も。
遺伝子工学に関する近未来SF小説。
善と悪とは何なのか。。。

現実に
地球の上でどんなことが起ころうとしているのか?
人類は何を求めて探求しているのか?
そんなことは、日々の生活とは直接関係がなく
どうでもいいことのように思えるけど
今、ここで手にしたことにも
きっと意味はあるんだろうな。

これらの作品には惨たらしい場面もある。
活字でも…
そんな所が避けたいジャンルなんだけど
どんなことが、この地球で起こりうるのか知っておくべきなんだろうな。
綺麗なものだけを見ている訳にもいかない現実が
存在することも確かなことだから。



そんなわけで先週、知恵熱(笑)を出し…
いえ風邪です。
まだ、抜けきらない症状。
医学が進んでも、この風邪の気だるさは
昔と変わらないか。
休息の合図だから仕方ないね。

年末までにもう少し
本棚整理出来るかな〜

次に手を伸ばすジャンルは何だろう(*^_^*)

【関連する記事】
posted by 君音呼 at 20:09| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

秋のイベント♪と言えば。

運動会旗(祝日・日の丸)イタリア国旗USAフランス国旗イギリス国旗ロシア国旗
近頃は、6月に行われる所も多いけど。
暑い中の練習は確かに大変。
気候が変化してる今日この頃。
『風物詩』も変化していくのかな?
にしても、皆で一つのことをやり遂げる
ということは清々しい。
色々なイベントがどんどん簡素化されたり
なくなったりしてるけど、
残すべきもの伝えていくべきものを
見失わないようにしたいよね(*^^*)


image-20131012173919.png

ひょっこり、演奏しに行きますよ〜
秋のLIVE告知です。

四つ葉アコースティック・ライブ
10月13日 群馬県太田市 今井酒造 
酒蔵でLIVEをします。
秋の一日楽しみましょう
時間午後3時頃から9時頃まで
1000円 (ワンドリンク付き)

出演者

てしりり
シーサー&ザツカー
DrynkSinger
Za☆zA
神風おじさむ
そら
小林進
Mickey,s
ひろけん
プラスワン スタイル
ばAばS Box
よいどれブルースBAND

群馬県太田市 今井酒造
雰囲気の良い 酒蔵 神龍蔵
群馬県太田市烏山中町746-2
  0276-22-2680




四つ葉 Live Rest Run Kocomo
秋の夜長やさしいアコーステックのLIVEお楽しみください。
11月10日(日) 午後7時~9時30分

出演者    モツコリJR BAND
       てーげーず
       ばAばS,BOX
       Za☆zA
       Mickey,s
 入場無料 飲食願います。
 行田市  Kocomo
 http://kocomo.jp/

初ココモ八分音符スパゲッティゴハン1楽しみですにこにこ手(チョキ)きらきら


posted by 君音呼 at 17:42| Comment(0) | My Live | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

風立ちぬ もう一言

煙草。

この映画での煙草シーンはいろいろと話題になった様子。

昔、設計事務所に務めてたことあるけど
そう言えば、設計士さんたちは
ヘビースモーカーだったっけ。
何故か私に煙が向かってきてる気がした(笑)

男性は煙草を吸うのが当たり前?
そんな時代だったのは事実。

喫煙を我慢出来ないシーンを
あ〜ぁ
と思いながら観てた。

吸うべきではないと
分かっていながら吸ってしまう夫と
「いいのよ。」と優しく許す妻。
愛し合っているからこその甘えと許し。
限られた時間しかないと
分かっているからこそ
あるがままの姿でいたい。
あるがままを受け入れたい。
と、どんな場面でさえも
愛おしんでいるのが分かる。

長生きするつもりの現代夫婦なら
こうはいかない。
「愛してるなら煙草止められるはずでしょ!」
となるのが当然でしょう。

この作品の中の煙草は
長い目と深い目で…
あるがまま受け入れたいと私は思う。


煙草をくゆらす姿は
時に絵になる。
哀愁があったりもする。
そんな景色も
「なんで口から煙出てるの!!!有り得ない!!!」
といつの日か
伝説みたいになってしまうかも。。。?


















posted by 君音呼 at 18:14| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。