2013年11月15日

秋の夜長だし『天使と悪魔』

2013.10月末に読み終えました。
下書きしてUPし忘れてましたので
ブログ前後します。


何が善で何が悪なのか
境界線は、はっきりしなかったりする。

善行(?)を強調する為、悪行を仕組む。

それは、偽善というか本末転倒でしょ。

遥はるか昔からあったらしい対立。
自然崇拝的思考の日本人には
少し理解し難い部分もある。
なので、多分、日本人は少し客観的な位置から見るだろうと思う。


人は神に近付こうとするけど
誤った方向には
神の鉄拳が飛んだという古い伝説。

伝説ではないのかもしれないけど。
偶然なのかもしれないけど。

「科学の進歩に人類の道徳は追いついていない」
ダン・ブラウン著 『天使と悪魔』より


そして、滅びた…

という伝説の地は宇宙にいくつあったのだろう?


神様と悪魔と。自然と。
何だか密接に関連してるような気がするのは
遺伝子の記憶なの?

畏怖と敬意。

自然に対するそれを、人は今も持っているはずなのに。。。


地球の異変は、宇宙にまで影響を及ぼすという。

自分が死ぬまでお金に困らず暮らせれば
他はどうでもいいでしょ。

そうね。まず生きなければ。
なので、地球だの宇宙だの、どうでもいいでしょ。
現実を生きてるんだから!

と、思って生きてた私たちにも
自然の脅威は押し寄せてる。。。
と思うのは私だけじゃないよね。勿論。









posted by 君音呼 at 20:23| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。