2013年11月24日

まりのきみの声が

本棚整理のつもりで次に手にとったのは
これだった。

image-20131124223702.png


好きな漫画家と言えば 手塚治虫 さんだし
学生時代の私の本棚にずらっと並んでいたのは
『 Black Jack 』と『小さな恋の物語』と『浮浪雲』(笑)
であったにも関わらず
現在手元に残っている漫画本は
太刀掛秀子さんの本と、
とある漫画家さんのもう一冊(これはまた後日にでも)だけ。
しかも、一番好きだった『なっちゃんの初恋』ではなく
何故にこの4冊が残ったのだろう?

『まりのきみの声が』
結末を忘れていた。
そうなんだ…この年齢になってから読むと
視点がまるで違うんだな。


話は前後するけれど
26巻位まで集めてた『小さな恋の物語』は
数年前に処分した。
両想いであるにも関わらず
ずっとサリーを追い続けてるチッチの姿が
もう私には似つかわしく無いと判断したから。
そもそも、そういう年齢でも無いんだけど。

にも関わらず。
青春ラブストーリーな太刀掛作品が
今、手元にあるのは何故?と改めて思うわけで。

全ての作品を読んだわけではないけど
優しい色彩とストーリーの柔らかさ。
が魅力的かな。癒される。

こんなキャラ女子が
あの頃はいっぱいいたなぁ。

処分しちゃおうかなと審査のつもりで読み返してたのに
逆に『なっちゃんの初恋』欲しい。。。
とか思ってる私(^^;;
調べてみたらプレミアついてるし〜(*^o^*)あせあせ(飛び散る汗)

著者 検索してみたら、なんと、
太刀掛さんはバンド『かぐや姫』のファンだったらしい。
通じるものがあったか(笑)

image-20131124224108.png

やっぱりモデルはあの方(笑)?
『雨の降る日はそはにいて』より

image-20131124224035.png


今夜は『ミルキーウェイ』を読みながら寝よ(( _ _ ))..zzzZZ

image-20131124224329.png



posted by 君音呼 at 22:52| Comment(0) | ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする

日本酒。

この日のために
何とか風邪を治しました(^^;;

金曜の夜のお出かけ。
乾燥してるけど暖かくて良かった。
兄の同級生のお店で日本酒好き三人呑み会お銚子&杯

image-20131124185157.png

この日の私の一押し!『東洋美人』
ワインの様な飲み口でした(^_^)v


image-20131124185314.png


image-20131124185351.png


image-20131124185420.png


image-20131124185447.png

『又兵衛』原酒。
あまりお酒は呑めないらしい三国連太郎さんが「これなら呑める!」と言い
一時期有名になったお酒だそうです。
美味しかったです♪

image-20131124185504.png


image-20131124185517.png


image-20131124185533.png


image-20131124185625.png


写真撮り忘れたけど 『十四代 』も呑みましたおやゆびサイン


海はしけていてあまりいい魚無いんだよ。
と店主は言ってたけど
さよりちゃんの美しかったこと!
写真撮る間も無く頂いちゃいました(^^;;

美味しいお刺身と日本酒と。
日本人で良かったね!


新鮮な旬の物を頂いて
日本酒で心を清め?
上質エネルギー補給出来たし!
崩してた体調もよく寝て復活したし!
連休も楽しめたし!

また、明日から新たな気持ちでがんばろ(^_^)v



















posted by 君音呼 at 19:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

秋の夜長だし『天使と悪魔』

2013.10月末に読み終えました。
下書きしてUPし忘れてましたので
ブログ前後します。


何が善で何が悪なのか
境界線は、はっきりしなかったりする。

善行(?)を強調する為、悪行を仕組む。

それは、偽善というか本末転倒でしょ。

遥はるか昔からあったらしい対立。
自然崇拝的思考の日本人には
少し理解し難い部分もある。
なので、多分、日本人は少し客観的な位置から見るだろうと思う。


人は神に近付こうとするけど
誤った方向には
神の鉄拳が飛んだという古い伝説。

伝説ではないのかもしれないけど。
偶然なのかもしれないけど。

「科学の進歩に人類の道徳は追いついていない」
ダン・ブラウン著 『天使と悪魔』より


そして、滅びた…

という伝説の地は宇宙にいくつあったのだろう?


神様と悪魔と。自然と。
何だか密接に関連してるような気がするのは
遺伝子の記憶なの?

畏怖と敬意。

自然に対するそれを、人は今も持っているはずなのに。。。


地球の異変は、宇宙にまで影響を及ぼすという。

自分が死ぬまでお金に困らず暮らせれば
他はどうでもいいでしょ。

そうね。まず生きなければ。
なので、地球だの宇宙だの、どうでもいいでしょ。
現実を生きてるんだから!

と、思って生きてた私たちにも
自然の脅威は押し寄せてる。。。
と思うのは私だけじゃないよね。勿論。









posted by 君音呼 at 20:23| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。